沖縄県立八重山高等学校

教育実習生と語ろう会

本日6月16日7校時進路プランニングの時間に「教育実習生と語ろう会」が開かれました!

今年は、朝日大学、大阪経済法科大学、沖縄国際大学、関西外国語大学、高知大学、星槎大学、大東文化大学、琉球大学の8校計11人の教育実習生が八重山高校で実習しております。

この会は、教育実習生に八重山を離れてからの生活の様子や大学で学んでいる事柄について語ってもらい、生徒が大学生活の様子について学ぶ機会とすることを目的としています。

体育館では、2・3年生を対象に6人の先輩方が自身の留学経験や目標を成し遂げるうえで自身が取り組んだことなどをお話してくださいました。年齢が近く、おなじ学校生活を経験している身近な先輩の実習生にはどの生徒も熱心に聞き入っていました。

武道場では、1年生を対象に5人の実習生が教師になったきっかけや高校時代の努力したことなどを話してくれました。1年生も積極的に進路決定の方法やAO入試に向けてどのような取り組みをしたかなど具体的に質問し、自己の進路決定の参考としている様子がうかがえました。

大学での出来事や普段聞けない話も聞くことができ、進学についてもさらに気持ちを高めることができたのではないでしょうか。

1時間という短い時間でしたが、生徒にとって内容の濃い会となりました。

教育実習生のみなさん、ありがとうございました!